投資用ワンルームマンションで未来設計|需要が高まる今がチャンス

不動産会社

資産運用成功のカギ

ベストな資産運用

不動産案内

資産運用方法の1つに、不動産投資があります。そして不動産投資の方法は、2種類あります。1つは売却、もう1つは家賃収入です。資産運用において失敗しないことは非常に重要なことですが、売却に関しては失敗のリスクは少ないと言えます。なぜなら、不動産価格の変動は決して激しいものではないからです。ですから、不動産価格の動向を、しっかりと把握さえしていれば、失敗しませんし、仮に損をしても、その程度は最小限に抑えることができます。ただ、不動産価格の変動が激しくないということは、利益を得られたとしても、その利益は少ないものになってしまうことでしょう。ですから、売却は、少なくとも現状では、魅力に乏しい不動産投資だと言えます。一方の家賃収入は、大いに魅力があります。長期にわたる安定した収入源となるわけですから、魅力的であるのは当然です。近年、資産運用の必要性が高らかに叫ばれていますが、それは、世の中の状況からして、職を失った際の収入源を確保する必要があるからです。従って、職を失っても大きな収入が得られる、家賃収入は不動産投資、ひいては資産運用のベストだと言っても過言ではないのです。

収益物件の選定が重要

但し、家賃収入は売却に比べて、失敗のリスクは高いと言えます。その理由は、売却よりも先の見通しが悪い不動産投資だからです。家賃収入は当然、借主がいればこそ発生します。ただ、借主が見つかるか、見つからないかというのは、予測できないものです。とかく、新築物件ならば、すぐに借主が見つかると考えてしまいがちですが、それは甘い考えです。新築物件であっても、借主が見つからないことは大いにあります。新築物件ですから、多額の資金を投入して購入しているはずです。それなのに、一切家賃収入が得られないであれば、目も当てられない状況です。ですから、収益物件の選定は極めて重要であり、熟慮に熟慮を重ねた上で、慎重に行わなければならないのです。